グラビア印刷用クリーナー(FCG)

転写方式ローラークリーナーFCGは、印刷機のために開発されたゴミ取りローラーです。
ゴミを除去した後のクリーン化の効果を確認し、履歴の保存もできます。
(経済産業省の推奨している生産性向上設備投資促進税制の対象設備になります)
フィルム付着の異物除去にグラビア印刷用クリーナーFCG

必要最小限の投資でクリーン化

印刷工程において繊維等の混入による不具合対応の為、クリーン対策が必要になってきております。転写方式ローラークリーナーFCGは、必要最小限の投資で効果的なクリーン対策として開発されました。クリーンルームでも取れないフィルム原反自身が持ちこむ異物(ゴミ)、静電気等でフィルムに付着する異物(ゴミ)、印刷機中に混入する異物(ゴミ)を、転写ローラーを使って印刷工程直前に捕獲します。

異物の履歴

フィルム原反に付着していた異物(ゴミ)の履歴を残し、トラブル時にトレースする事も可能です。クリーニングしながら異物(ゴミ)の履歴で原因を追究し、元を断つ対策をすることによる相乗効果もあります。

オペレーション

EPCの後につけても見当ズレを起こさない精度で製作、取り付けしますので調整は不要です。オン、オフのみの作業となります。オプションにより、オン、オフも印刷機と連動し自動でできます。

メンテナンス

粘着テープが異物で飽和状態になったら、1枚めくるだけです。粘着テープの交換も簡単です。

グラビア印刷用クリーナーFCG製品情報

仕様 最大1500mm幅クリーニング / クリーニングラバーローラー / 粘着テープ
オプション 静電気除去バー、印刷機連動制御
装置の特徴 【設置】
お客様の印刷機に合わせ設計取り付け致しますので、機械の部品のごとく配置されます。【精度】
設置工事、及び機械の精度が高い為、エッジコントローラーの後で、1色目の印刷直前に取り付けても見当ズレが発生しません。【オペレーション】
印刷機連動制御(オプション)によりメンテナンス以外は、オペレーターが、クリーナーのスイッチを入れたり、切ったりしなくても、印刷機の信号で動きます。
段取りごとのスイッチの入れ忘れ、切り忘れもなく、又オペレーターの方の負荷も減らすことができます。【異物(ゴミ)の履歴が残せる】
フィルムから捕獲した異物は、粘着テープに転写されます。粘着テープを保管すれば、トラブル発生後等フィルムにどんな異物がついていたか、後から調査できます。【税制優遇の生産性向上設備として】
経済産業省の推奨している「生産性向上設備投資促進税制」の対象設備です。

グラビア印刷用クリーナーFCGクリーニングイメージ

fcg

クリーンローラー(ラバーローラー)の種類はこちら→

  1. フィルムにある異物をラバーローラーが除去します。
  2. ラバーローラーに付着した異物は、常に粘着テープに転写されます。
  3. ラバーローラーは、常にきれいな状態を保ち、能力を維持しながら、クリーニングを継続します。
    (粘着テープからローラーへの逆転写はありません)
  4. 粘着テープは、飽和状態になったら1枚めくり、異物の履歴として保存すれば、異物の原因対策に役立ちます。

グラビア印刷用クリーナー
オサダコーポレーションへのお問い合わせ(TEL 0466-47-7546)